ZEROクリスタルに副作用はある?成分から安全性を調査!

ZEROクリスタル 安全性

白雪
高いホワイトニング効果が期待できるZEROクリスタルですが、ホワイトニング効果と別に副作用や安全性も気になりますよね。

要チェックポイント
  • ZEROクリスタルに危険な成分は入っていない?
  • 研磨剤が歯を傷つけないか心配
  • 差し歯やインプラントでも使える?
  • 知覚過敏や歯周病でも痛くない?

白雪
こんな心配もありますが調査した結果、ZEROクリスタルに含まれる成分に危険な成分は入っていませんでした。

天然の歯はもちろん、差し歯やインプラント、歯の矯正中の方でも問題ありません。

研磨剤も入っていないので低刺激で、知覚過敏や歯周病でも安心して使うことができます。

ZEROクリスタルは期間限定で89%オフで販売中です!

⇒ ZEROクリスタル公式サイトで安全性をチェックしてみる


白雪
「もっと詳しく教えて欲しい!」という方のために成分や研磨剤について、さらに詳しく紹介していきます。

ZEROクリスタルの成分に副作用はある?


女性
歯磨き粉がそれほど危険という認識はないかもしれませんが、口の中に入るものですから安全なものなのかどうか気になりますよね。

白雪
ZEROクリスタルの成分に副作用はないのか、安全なものなのか、全ての成分を検証してみました。

酸化タングステン


ZEROクリスタル
ZEROクリスタルにの成分の中でホワイトニング成分として重要な役割をしている酸化タングステンは安全なんでしょうか。

調べてみたところ、食品安全委員会(内閣府)のサイトに以下のような記述がありました。

酸化タングステンがPETにおいて再加熱剤として使用するならば、消費者にとって安全性の懸念ではないと結論付けた。

引用元:食品安全委員会

PETとは「検査」のことですが、検査の結果安全性の心配はないという結論が出たということです。

白雪
こちらは酸化タングステンを食品添加物として使用する際の検査結果ですので、歯磨き粉として使用するときにも問題がないことがわかりますね。

酸化チタン


ZEROクリスタル
酸化チタンは、同じくゼロクリスタルのホワイトニング成分として重要なものです。

調べてみたところ酸化チタンには発がん性のおそれの疑いがあるようです。

しかし、酸化チタンは大気中や水にも含まれていて、食品や化粧品にも多く使われている成分です。

白色顔料として実使用されて約100年、ナノサイズが使用されてからやく40年経過しますが、明らかに「酸化チタン(ナノ酸化チタンを含む)」が原因と断定できる健康被害の報告はありません。

引用元:酸化チタン工業会

白雪
現在のところ、酸化チタンが原因となる健康被害はありません。かなりの量を摂取しない限りは心配はいりません。

ヒドロキシアパタイト


ZEROクリスタル
ステイン(着色汚れ)の再付着を防止し、歯を丈夫にする成分のヒドロキシアパタイトは安全なんでしょうか。

実はヒドロキシアパタイトは歯の主成分で、人の骨の60%、歯のエナメル質の97%を占める成分です。

白雪
歯磨き粉に入っているヒドロキシアパタイトは合成されたものですが、人体になじみやすく安全性が高いとされています。

キシリトール



虫歯予防成分として有名なキシリトールですが、副作用や危険性はないんでしょうか。

かなり知られた成分なので不安視する人は少ないかもしれませんが、改めて調べてみました。

「1日の許容摂取量を限定せず」というもっとも安全性の高いカテゴリーとして評価されています。

引用元:公益財団法人8020推進財団

キシリトールはFAO(国際食料農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同調査の結果、安全性が高いとされています。

日本では1997年に食品添加物として認可されましたが、それ以前にも輸液に含まれる糖質として使用されていて人体への安全性が知られていました。

白雪
妊婦がキシリトールを撮っても問題はなく、むしろ妊婦が虫歯菌を減らすことは子育てに有利とされています。

ホスホリルオリゴ糖Ca


ZEROクリスタル
ホスホリルオリゴ糖は、初期虫歯の回復成分です。

初期段階の虫歯であれば歯磨きをするだけで治ってしまうような優れた成分です。

白雪
ホスホリルオリゴ糖は食品や化粧品にも使われている成分で、特に危険性はありません。

リンゴ酸


ZEROクリスタル リンゴ酸
リンゴ酸は、ステインの付着防止やホワイトニング効果もある成分です。

名前のとおりリンゴから見つかった成分で、飲料や食品の酸味料として使用されています。

白雪
制限のない食品添加物として認可されていて、安全とされています。


人間が生きていくには欠かせないです。

水が危険だったら大変ですよね。もちろん危険性はありません。

PG(プロプレングリコール)


PG(プロプレングリコール)は、殺菌効果や防カビ作用を持っている成分で、多くの食品、医療品、化粧品、歯磨き粉にも利用されています。

シャンプーやリンス、うどんやおにぎりや豆腐などなど、本当に色んなものに入っているので、普通に生活していれば自然と摂取しているものです。

食品添加物として厚生労働省も認めている安全な成分です。

PEG-60水添ヒマシ油


PEG-60水添ヒマシ油は、洗浄効果や乳化作用のある非イオン界面活性剤です。

洗顔料をはじめ、多くの化粧品で使われている成分です。

化粧品では乾燥肌や敏感肌にも安心して使えるとされていて、安全性の高さが認められています。

サピンヅストリホリアツス果実エキス


サピンヅストリホリアツス果実エキスは、抗菌、殺菌作用のある成分です。

植物由来の成分で多くの化粧品で使われています。

敏感肌にも良いとされていて、安全性の高い成分です。

パール


パール(真珠末)は、ホワイトニング効果のある清掃剤です。

多くの化粧品や歯磨き粉でも使われている成分です。

体に馴染みやすい成分で、特に危険性はありません。

グリチルリチン酸2K


グリチルリチン酸は、漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分です。

多くの化粧品や風邪薬でも使われていて、安全性の高い成分です。

三リン酸5Na


三リン酸5Na(ポリリン酸ナトリウム)は、歯を健康にする成分です。

微生物をはじめ、人間の細胞に元々存在する生体分子で、安全性の高い成分です。

ハイドロゲンジメチコン


ハイドロゲンジメチコンは、表面処理剤として使用されている成分です。

化粧品にも多く使用されていますが、刺激性はほとんどないとされていて、安全性の高い成分です。

キサンタンガム


キサンタンガムは、増粘剤(粘り気を出す)や安定剤(分離しないようにする)として使われている成分です。

化粧品をはじめ、商品添加物としても使われいて、安全性の高い成分です。

PEG-400


PEG-400(ポリエチレングリコール 400)は、保湿、湿潤剤、潤滑剤の用途で多くの化粧品で使われている成分です。

危険性は見られず、安全性の高い成分です。

コカミドプロピルベタイン


コカミドプロピルベタインは、洗浄能力の高い両性界面活性剤です。

天然由来の成分で作られていて、多くの化粧品で使われている安全性の高い成分です。

フェノキシエタノール


フェノキシエタノールは、生物の増殖を防いで品質を守る防腐剤として使用されている成分です。

危険性はないとされていて、安全性の高い成分です。

メントール


メントールは、清涼成分として有名ですが、鎮痛効果もある成分です。

多くの歯磨き粉や、食品添加物としても使われていて、安全性の高い成分です。

香料


香料は、名前のとおり香りをつける成分です。

食品添加物としても使われていて、安全性の高い成分です。

ZEROクリスタルの成分に成分に副作用ある?【まとめ】


女性
ZEROクリスタルに含まれる全ての成分の安全性を検証してみました。

歯磨き粉として使用する分には特に副作用や危険性のあるものはなく安全で、安心して使うことができそうです。

白雪
口の中に入るものですが、食べたり飲んだりするものではありませんし、食品以上に安全といえるでしょう。

⇒ ZEROクリスタル公式サイトで安全性をチェックしてみる


ZEROクリスタルに研磨剤は入ってる?差し歯や矯正中の歯に影響はない?


女性
ZEROクリスタルには研磨剤は入っていません。

歯磨き粉というと研磨剤の心配をする方も多いと思いますが、実は市販の歯磨き粉のほとんどに研磨剤が含まれています。

※研磨剤ではなく、清掃剤と表記されている場合もあります。

研磨剤はその名前の通り、歯を研磨する役割があります。

白雪
歯の汚れをスムーズに落とすことができる反面、使い方によっては歯に傷がついてしまい、余計にステインが付きやすくなるというデメリットがあります。

多くの歯磨き粉に使われていることから安全性は高いともいえますが、場合によってデメリットもあるならなるべく使いたくありませんよね。

ZEROクリスタル
ZEROクリスタルは、酸化チタン・酸化タングステン・歯ブラシについたLEDライトによって汚れを落とすので研磨剤を入れる必要はありません。

「歯に傷がついてしまうかも?」という心配をせずに使うことができます。

差し歯、インプラントやセラミックの歯でも安心して使うことができますし、歯の矯正中に使っても問題ありません。

白雪
研磨剤入りの歯磨き粉よりも安心ですね♪

ZEROクリスタルは知覚過敏にしみる?痛みは大丈夫?


ZEROクリスタル
知覚過敏や歯周病の方は「刺激が強くないか?」ということも気になると思います。

先ほど「ZEROクリスタルには研磨剤が入っていない」と書きましたが、知覚過敏や歯周病の場合は歯磨きによる歯や歯茎への刺激は少ない方が良いでしょう。

白雪
研磨剤が入っていない=刺激が少ない」ということで、ZEROクリスタルは知覚過敏や歯周病の人も安心して使えるといえます。


ZEROクリスタル
また、刺激性があるといわれているパラベンも入っていないのでより安心ができます。

低刺激で痛くならないという口コミもありました。

⇒ ZEROクリスタルの口コミまとめ

⇒ ZEROクリスタル公式サイトで安全性をチェックしてみる


まとめ


ZEROクリスタル
ZEROクリスタルの安全性まとめ
  • ZEROクリスタルに入っている成分は安全性が高い
  • ZEROクリスタルには研磨剤が入っていないので安心

副作用や安全性が気になる成分を詳しく調べてみた結果、ZEROクリスタルに含まれる成分は安全性が高いということがわかりました。

また、知覚過敏や歯周病の方が気になる研磨剤も入っていないので歯や歯茎への痛みや刺激を心配することはありません。

差し歯やインプラント、矯正中の歯でも安心して使うことができます。

研磨剤が入っていないと汚れがちゃんと落ちるのか気になりますが、酸化チタンと酸化タングステン、歯ブラシのLEDライトの照射で強いホワイトニング効果が得られます。

白雪
ZEROクリスタルは安全性が高く、ホワイトニング効果も高い歯磨き粉(ホワイトニングジェル)といえますね。

現在89%オフキャンペーン中なので、購入するなら今がお得なようです。


ZEROクリスタルのホワイトニング効果で歯を白くしたいなら

↓ ↓ ↓


zeroクリスタル

⇒ZEROクリスタルの公式サイトで安全性をチェック